タブ
タブ
タブ
タブ

タブ

¥0
加工費など金額の内訳についてはこちら

選べるスタイル

木脚 ナチュラル

クラシックな印象で安心感をもたらせてくれる木製脚。2WAY仕様でローテーブルにも使えます。

※木脚はナチュラル/ブラックから選択可能・

鉄脚 ロの字

2つのロの字で天板を支え、テーブルに重厚感と高級感を持たせてくれる特徴的な鉄脚。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

鉄脚 ハの字

すらっとハの字に伸びる細身の脚でテーブル全体をスタイリッシュに魅せる上品な鉄脚。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

鉄脚 シンプル四つ脚

4本の脚で天板を支えるシンプルな鉄脚。脚が四隅に来るため、大人数で使いやすくなります。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

Machilus thunbergii

タブ

タブの産地

タブノキ(Machilus thunbergii)は、主に日本、台湾、および中国の南部地域に自生している樹種です。日本では、特に九州から関東地方にかけて広く分布しています。多くの場合、山地や丘陵地の森林に自生しており、特に温暖な地域でよく見かけます。耐陰性が高いため、他の大きな樹木の下でもよく育ちます。この樹種は、日本国内では比較的ポピュラーなものの、木材としての認知度はそれほど高くありません。しかし、その質と特性から、多様な用途で活躍しています。

主な用途

タブノキの木は、日本全国各地の神社によく植えられ、大木として育っている木です。木材としては、建築材や家具、彫刻、および装飾品に使用されることが多いです。また、良好な耐久性と加工性があり、特に彫刻や細工物に使用されることが多いです。近年では、一枚板テーブルとしてもその価値が見直されています。

色合い

タブノキの木材は、明るいオレンジ色の色味が特徴です。明るい黄褐色から中間の茶色にかけての色合いを持ちます。特に、年輪が形成される部分は美しい濃淡を見せ、独特の温かみを感じさせます。この自然な色合いは、和風のインテリアはもちろん、洋風のインテリアにもしっくりと馴染みます。

木目

タブノキは、その木目が非常に美しいと評価されています。トチのように、リップルマーク(さざ波紋)の杢が出ることが多いのが特徴です。この模様は、見る位置や光の当たる角度によって立体的に見えたり、色の濃淡が逆転して見えたりする美しく特徴的な杢目です。家具や一枚板テーブル、装飾品などでよく目立ち、その存在感を高めています。

手触り

この木種は、非常に滑らかな手触りが特徴とされています。また、硬すぎず柔らかすぎない適度な硬度が、加工しやすく使い心地も良いとされています。特に一枚板テーブルとして使用される際には、この快適な手触りが多くの人々に評価されます。

他の樹種や素材との組み合わせ

タブノキの木の色合いと木目の美しさは、他の樹種や素材と組み合わせても非常に魅力的です。特に、明るい色の木材や、金属、ガラス、石などとのコラボレーションが新しいスタイルを生むことが多いです。その多様性から、様々なデザインやコンセプトに適応できます。

一枚板テーブルとしての特徴と魅力

タブノキの一枚板テーブルは美しい木目と温かみのある色合いで高く評価されています。適度な硬度と優れた耐久性を兼ね備えており、長期間使用しても美しさが続きます。特に流れるような木目はテーブル全体に豊かな表情を与え、まるで一つのアート作品のよう。その多面的な色合いは、新しい家具やモダンなインテリアにも和風の空間にも違和感なく溶け込むため、多くの家庭で愛されています。耐久性も高く、日常使いにおいても長く綺麗な状態が保たれるでしょう。このような特長から、タブノキの一枚板テーブルは美しさと実用性で非常に人気があります。