シナ
シナ
シナ
シナ

シナ

¥0
加工費など金額の内訳についてはこちら

選べるスタイル

木脚 ナチュラル

クラシックな印象で安心感をもたらせてくれる木製脚。2WAY仕様でローテーブルにも使えます。

※木脚はナチュラル/ブラックから選択可能・

鉄脚 ロの字

2つのロの字で天板を支え、テーブルに重厚感と高級感を持たせてくれる特徴的な鉄脚。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

鉄脚 ハの字

すらっとハの字に伸びる細身の脚でテーブル全体をスタイリッシュに魅せる上品な鉄脚。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

鉄脚 シンプル四つ脚

4本の脚で天板を支えるシンプルな鉄脚。脚が四隅に来るため、大人数で使いやすくなります。

※鉄脚はホワイト/シルバー/ブラックから選択可能。

Cinnamomum camphora

シナ

シナの産地

シナ(Cinnamomum camphora)は、主に東アジアに自生する樹種で、特に日本、台湾、中国で多く見られます。日本では九州から本州にかけての温暖な地域でよく育ち、特に山地や丘陵地での生育が良好です。また、台湾や中国では、様々な地域で広く育てられています。シナの木は成長が早く、耐久性に優れているため、多くの地域で植林が行われています。そのため、シナの木材は比較的安価で手に入れやすいという特長があります。

主な用途

シナの木は多用途に利用されており、建築材、家具、床材としてよく使われます。特に、合板や集成材の材料としての利用が多く、その加工性の良さからさまざまな用途で用いられています。また、シナの木には防虫・防カビ性があるとされており、特に床材や壁材として使われる際にその特性が評価されています。

色合い

シナの木は明るい色味が特徴です。一般的に淡黄色から明るい茶色にかけての色合いがあります。そのため、ナチュラルな印象を持つインテリアに非常に適しています。特に、明るい色の内装と合わせると、より一層その美しい色合いが際立ちます。

木目

シナの木は比較的均一な木目が特徴で、極端な模様や節が少ないため、派手な装飾よりもシンプルなデザインが求められる場合に適しています。このような特性から、合板や集成材としても人気があります。

手触り

シナの木は柔らかく、加工がしやすいという特性があります。また、その表面は滑らかで手触りが良いため、家具や床材として使用する際にはその快適性が評価されています。

他の樹種や素材との組み合わせ

シナの木の明るい色合いは、ダークトーンの木材や金属、ガラスとの組み合わせによって、美しいコントラストを作り出します。また、その均一な木目は、他の多くの樹種や素材と調和しやすく、多様なインテリアスタイルに容易にフィットします。

一枚板テーブルとしての特徴と魅力

シナの一枚板テーブルは、その明るく落ち着いた色合いと均一な木目で、モダンな空間に非常に適しています。また、成長が早く大きな板が手に入るため、大きなテーブルを作ることも可能です。耐久性と加工性に優れているため、長期間にわたって美しさを保ちます。