新型コロナウイルス拡大の影響により、急激にオンライン対応、出社の制限など、働き方に大きな変化が訪れました。

 

そんな中、雑談・相談を含めたコミュニケーションを活性化させる必要性が増え、

また、持続可能な社会の実現(SDGs)を実現するための企業としての社会貢献活動も

必須となってきました。

 

雰囲気が柔らかくなり、コミュニケーションが活性化するために大切な、自然素材。

SDGs 15のゴール「陸の豊かさを守ろう」の実現に直結する、国産の杉材活用。

 

木質化オフィスで、両方の課題を解決し、持続可能な企業の成長を後押しできるように。

KIJINでは「WOOBO」「TOPpingBoard」等の木質化オフィスソリューションをご提供しております。

 

 

木製ワークブース「WOOBO(ウーボ)」

スクリーンショット 2021-04-13 21.57.26

 

 

オフィス木質化リノベーション「TOPpingBoard」

24b7a32a8925c0e0ca9cf94d029a8c22