百年家具 KIJIN     Concept 

 

 

メインコンセプトイメージ

 

 

“ 想い ”

 

‘木目(もくめ)’に‘心’を入れると、“想”と言う字になります。

 

オーダーメイドで使い手の心を、

職人手づくりで創り手の心を、

木目のひとつひとつに入れた、想いに溢れた家具。

 

そんな家具とともに暮らすことで、より豊かで幸せな人生を。

 

 

 

“ 時間 ”

 

今、私たちがいる空間に流れているもの、それが‘時’

時が絶え‘間’なく続いていること、それを“時間”を呼びます。

 

想いを込め創り上げた家具は、

ともにに時間を過ごすことで、さらに想いが積み上げられて行きます。

 

 

 

“ 想いと時間 ”

 

あなたと私たちから始まる想いのカタチを、

その先まで。

 

三世代先まで使い継ぎ、最後は雑巾として使い切る着物の文化のように。

『アンティーク家具』と呼ばれ、世界的に憧れのモノになっている

100年以上前に創られた西洋の家具のように。

 

今、私たちが創った家具が、

これから先、三世代先=100年後まで人生の時間すべてに、

想いを込めて使い継いで行ける。

 

 

そんな幸せな家具とともに生きる暮らしを、

当たり前の暮らしにしていきたい。

 

そんなことを想いながら、

100年以上ともに暮らせる木のオーダーメイド家具や、

様々なアイテムを製作しています。

 

 

 

 

 


 

 

Concept Image 

 

プレゼンテーション1

 

 

 

“ オーダーメイド家具 ”

 

〜想いをカタチに〜

はじまりは使う方の想いから。

その想いを120%叶えて一緒にカタチにできる唯一の方法が、

オーダーメイド。

想いがカタチになったとき、それが世界に一つの大事な大事な宝物になります。

 

その宝物が、家具というカタチで家の空間にあったら、

人生がさらに輝き、さらに幸せな人生を送ることができます。

 

そしてその家具も、時間をかけて想いが積み上げるうちに、

大事な大事な家宝になっていきます。

 

そうやって、家具を通して幸せな人生のお手伝いを行うこと。

それがKIJINの目的であり、ゴールでもあります。

 

 

 

“ 家具屋が創る、逸品 ”

 

〜想いを楽しむ〜

KIJINの想いを、より気軽に、より身近に、楽しく。

 

木種の選択や自由な名入れで、選ぶ楽しみや考える楽しみを、

オーダーメイドよりも楽に楽しんでいただきたい。

また、想いを伝える贈り物としても、より楽しみが生まれるように。

 

そんなKIJINの想いをカタチにした木のアイテムを製作し、

「Kobito」というブランドで、ご提案しております。

 

 

 

“ 100年の秘訣、修理 ”

 

〜想いを大切に〜

木も生き物ですし、環境も少しずつ変化し、僅かな負荷がかかります。

どんなに綺麗に頑丈に創っても、どんなに大切に使っていても、

100年という永い時間の中では必ず、微妙なズレやガタつきが生じます。

もしくは傷をつけてしまうこともあります。

 

それは「壊れた」という訳ではなく、「調整が必要」ということです。

職人が手づくりで創ったからこそ、手で直すこともできます。

 

都度直しながら使っていくことで、

想いが込もった家具が、より大切な存在になっていきます。

 

 

 

 

 

“ 精神性を現す、和 ”

 

〜想いを込める〜

日本人のモノづくりへの精神性、

それは一つ一つの工程、手間に心を入れることにあると考えます。

 

 

そんな日本人のモノづくりへの精神性を持つ日本の家具職人が、

一つ一つ手づくりで、心を入れて創り上げられたモノには、

想いが込められます。

 

そんな和の精神性が現れたモノづくりにこそ、

百年家具として使い継ぐ器がある、KIJINはそう考えています。

 

 

 

 

“ 時を重ねる、木 ”

 

〜想いとともに〜

家具材となる木は、主に樹齢80〜100年。

家具になる時点ですでに人間以上の時を重ねた大先輩です。

 

そして木は、家具になった後も少なくとも樹齢以上は持ちます。

家具としても80〜100年以上は生きてくれます。

 

大先輩として時間を重ねながら、

さらに何世代にも渡り人間とともに生き続けてくれる。

 

そんな寛大な木だからこそ、

想いをカタチにするパートナーとして、

これまでも、これからも愛され続けるのだと想います。

 

 

 

“ 心を入れる、人 ”

 

〜想いをあたたかく〜

木目に心を入れると、“想”いになります。

しかし、ただの木目だけでは想いになりません。

機械生産やライン生産のモノづくりでは、心が入りません。

 

職人が、ひとつひとつ、木目の一筋一筋に気を使いながら、

手づくりで創るからこそ、木目に心が入ります。

 

心が入った木目の想いだからこそ、

人はぬくもりを感じるのだと想います。

 

 

 

“ こだわりの、空間 ”

 

〜感じる暮らしに〜

想いがカタチになった、こだわりの家具がある空間。

そんな空間の中で生きていると、様々なことを感じます。

 

想いを感じ、木のぬくもり・人のぬくもりを感じ、

そして自然と、日々の幸せを感じる。

 

そんな感じる暮らしを、

木のオーダーメイド家具とともに。

 

 

 

“ 木のある、生活 ”

 

〜豊かな人生を〜

想いとともに、日々の幸せを感じ、

その積み重ねを三世代以上、100年以上、

時を重ねる木とともに、時には人の手で修理もしながら、

ともに暮らしていく。

 

そんな心の底から豊かな人生を。

 

 

KIJINができることは、木のオーダーメイド家具づくりを通して、

そのきっかけをあなたと一緒に創ることです。