ウォルナット  – PRESIDENT –

 

〜大統領も愛する最高級の木〜

 

 

世界三大銘木の一つであり、“家具材のロールスロイス”と称されるこの木は、

木肌・木目・色味から滲み出る重厚感と高級感が特徴。

 

 

アメリカ大統領の演説台や、メルセデスベンツ等高級車のウッドパネル

に使われるなど、威厳や誇り高き所で愛用されています。

 

 

「ウォルナットの時代(1670-1720)」と呼ばれるほど

世界で大人気になって以降、今でも重宝され愛され続ける、

銘木中の銘木、それがウォルナットです。

 

IMG_0062

 

【属種】

クルミ科クルミ属

【木種名】

アメリカンブラックウォルナット

【日本名】

クロクルミ ※いわゆる日本のくるみ(オニグルミ)とは別物

【主産地】

アメリカ東部アパラチア山脈一帯、カナダオンタリオ州

【利便性】

衝撃に強い。粘度高い。強度あり。軽い。狂いが少ない。

【経年変化】

薄くなっていく(淡くなる)、まろやかな色に、味わいが出てくる

【木目と色味】

不規則に変化するデザイン性の高い木目、

心材→辺材で色がグラデーション状に薄くなっていく。

【異名】

家具材のロールスロイス、世界三大銘木(チーク、マホガニー)

【有名家具】

木匠ジョージ・ナカシマ コノイドチェア

【家具以外の用途】

アメリカ大統領の演説台、ミラノ大聖堂の座席、

メルセデスベンツやジャガーの高級車のウッドパネル、

ピアノ、ハープ、拳銃の銃床、飛行機のプロペラ

【歴史】

ヨーロッパではルネッサンス時代より家具材として使用開始、

1670〜1720は「ウォルナットの時代」と呼ばれるほど人気を博した。

5〜60年前の日本では、外材と呼ばれあまり好まれていなかった。

 

 

 

 

プレゼンテーション678