チェリー  – PARTNER –

 

〜古代ギリシャ人も愛した親愛なる木〜

 

 

さくらんぼの木として、紀元前古代ギリシャ時代から人間と関わりのある木。

 

木材としても家具はもちろん、アメリカ初代大統領の入れ歯に使われるなど、

古くから人間とともに生きる材として親しまれて来ました。

 

経年による味わいの変化が最も激しい木で、

使い込むほどにオレンジ色から赤みがかった茶色へ、

時間とともに人とともに変化していきます。

 

人とともに生き、人とともに変わる。

浪漫溢れる人間の最愛のパートナーのような木です。

 

IMG_0067

【属種】

バラ科サクラ属

【木種名】

アメリカンブラックチェリー

【日本名】

サクラ(さくらんぼの木)

【主産地】

北米東部(特にペンシルバニア州)

【利便性】

安定。水に強い。やや軟質。木肌が緻密で滑らか、表面の仕上がり美しい。

【経年変化】

最も変化が激しい。艶と色の深みが増していく。

オレンジ色から赤みがかった茶色に。

【木目と色味】

滑らかで優しい色味と木目が特徴。

ガムポケットと呼ばれる黒い斑点や筋が出ることがある。

【有名家具】

北欧家具の名匠ハンス・J・ウェグナー 「ザ・チェア」

【家具以外の用途】

アメリカ初代大統領ジョージワシントンの入れ歯、ドア、楽器、

タバコのパイプ、(樹皮から)強壮剤や咳止め剤、

オーディトリアム音楽公演メインホール内装(ローマ郊外)、

映画「shall we ダンス?」の舞台となったダンスホールの床材、

和菓子の木型、浮世絵の版木(日本桜)

【歴史】

さくらんぼの木自体は紀元前の古代ギリシャから栽培されている。

 

 

 

 

プレゼンテーション678