マホガニー – Brilliant Luxury –

 

〜大国に愛された魅惑の木〜

 

“黄金の木”との異名を持つ世界三大銘木の一つのこの木の特徴は、

木目と木肌の美しさと、その美しさがもたらした希少価値の高さ。

 

 

木の繊維自体が光沢を持つ珍しく美しい見た目から、

この木が世界に流通し始めてからすぐに、欧州大国の貴族の間で

大流行し1720-1770年は「マホガニーの時代」と呼ばれるほど人気を博しました。

 

 

しかし過剰な伐採により絶滅の恐れがある等の理由で、

現在はワシントン条約により伐採が制限され、希少価値の高い木になりました。

 

 

その美しさを求め、現在でも一流ブランドや超高級品にも採用されるなど、

最上級の場所で愛用され続けている、魅惑の銘木です。

 

IMG_0076

【属種】

センダン科マホガニー属

【木種名】

マホガニー(キューバマホガニー、ホンジュラス(オオバ)マホガニー、メキシカンマホガニー、アフリカンマホガニー)

【日本名】

桃花心木

【主産地】

キューバ、ドミニカ、ホンジュラス、メキシコ、インドネシア、アフリカ

【利便性】

耐久性、耐摩耗性が高い。

【経年変化】

時を経るごとに味わいが深まり、濃く美しくなっていく。

【木目と色味】

黄金のように輝く光沢。「リボン杢」と呼ばれる濃淡が作り出す美しい縞模様。木の繊維自体に光沢がある。

【異名】

黄金の木、世界三大銘木(ウォルナット、チーク)

【有名家具】

世界遺産「メスキータ(スペインコルドバ大聖堂)」の聖歌隊の椅子、

重要文化財「ヨドコウ迎賓館(兵庫県芦屋市)」の造り付け家具

(20世紀を代表する建築家フランク・ロイドライト作)

【家具以外の用途】

世界中のセレブリティを虜にする美しいボートブランド

「リーヴァ」の最高級モデルの船体やデッキ、

BVLGARIが経営する最高級ホテル「ブルガリ ホテルズ&リゾーツ ロンドン」の

スイートルームのフロア、タイタニック号のスイートルームの内装。

【歴史】

16世紀に発見され、1720〜1770は「マホガニーの時代」

と言われるほど、ヨーロッパの大国に重宝された。

その時の過剰伐採の影響で絶滅の危機に陥り、現在でも伐採が規制されている。

 

 

 

 

プレゼンテーション678