ナラ  – UNIVERSAL –

 

〜世界中で愛され続ける王道の木〜

 

 

“木の王様”の称されるこの世界的な銘木は、2000年以上前より

全世界で愛され続け、日本においても明治時代より木材として重宝されています。

 

 

ナラの木が世界中で愛され続ける理由は、「生命力」です。

この世界に存在する全ての木の種類の中で、ナラの木は最も強い組織を持ち、

どのような環境下でも生きていけるたくましさを最も持っている、

「最強の生命力」を持つ木です。

 

 

その生命力を感じる木目と存在感に、世界中の人々が魅了され続ける、

名実ともに「王様」の銘木です。

 

IMG_0058

【属種】

ブナ科コナラ属

【木種名】

ホワイトオーク

【日本名】

ミズナラ(どんぐりのなる木)

【主産地】

日本、中国、ロシア

【利便性】

耐久性に優れる。堅い。重い。粘りが強い。

【経年変化】

使い込むほどに黄金色へ変貌

【木目と色味】

虎の縞模様のような虎斑(とらふ)と呼ばれる木目を持つこともある。

和洋どちらにでも合わせやすい落ち着いた色味。

【異名】

木の王様、森の真打ち

【有名家具】

長大作 低座椅子、ガウディの家具(カタルーニャ美術館に保管)

【家具以外の用途】

高級車のウッドパネル、ウィスキー樽、ワイン樽、船舶、床材、ドア、

アントニ・ガウディの建築、フランク・ロイド・ライト(旧帝国ホテル)の建築

【歴史】

2000年以上前から世界的に使用。日本でも明治時代から人気となっている。

 

 

 

 

プレゼンテーション678