ケヤキ  – Japan Heritage –

 

〜古の宮大工も愛した、“素晴らしい”木〜

 

 

日本が世界に誇る高級銘木の一つでもあるこの木は、

ダイナミックで美しい木目、そして圧倒的な硬さと強さが魅力です。

 

 

その強度ゆえにクセも非常に強く、

材として使用するのに多くの「時間」と「技術」が必要となります。

 

「多くの時間」とは、他の木材だと切り出してか

ら数年ほど乾燥させれば家具材として使用できるのに対し、

ケヤキは10年以上の自然乾燥をしなければ、家具に使うことができません。

 

「多くの技術」とは、固ければ固いほど、木のクセが強く、

割れなども生じやすくなります。そのため他の材以上に、職人の技術が問われます。

 

 

多くの時間と技術をかけて創られたケヤキ材は、

クセの分だけ美しい木目と強さを持つため、

清水の舞台の柱や日本最古の城「丸岡城」の天守閣の柱など、

古くから宮大工に、日本人に、愛され続け、今なお圧倒的な存在感を放ちます。

 

IMG_0070

【属種】

ニレ科ケヤキ属

【木種名】

ケヤキ

【日本名】

欅、槻(ツキ)

【名前の由来】

けやけき木=素晴らしい木

【主産地】

日本(北海道を除く全国)、中国、朝鮮半島

【利便性】

重く非常に硬い。耐久性、耐水性も高い。

完全乾燥するまで暴れ回る。10年以上の自然乾燥が必要。

【経年変化】

濃く深い色合いに。

【木目と色味】

ダイナミックな板目

。如輪杢という特別な杢が出る事もあり、最高級の杢とされている。

他にも玉杢、葡萄杢、牡丹杢、泡杢、笹杢がある。

【異名】

最良の広葉樹、日本人の心の拠り所、

【家具以外の用途】

和太鼓の胴、琴、漆器の木地、大黒柱、清水の舞台を支える柱

【歴史】

古くから神社仏閣の建築材として重宝された。

大化の改新の中臣鎌足と中大兄皇子が意志を

交わすきっかけとなったのが、法興寺(現在の飛鳥寺)の

「槻の木の下」との記述が日本書紀にあり。

現存する日本最古のお城「丸岡城(1576年)」の天守の柱にも使われている。

 

 

 

 

プレゼンテーション678